会社沿革

1959年

創業者 土田重男が岐阜県岐阜市長良織田町で創業
カーボン軸受を生産開始


1963年

岐阜県各務原市(かかみがはらし)金属団地に工場を移転


1964年

有限会社 土田鉄工所として会社設立(資本金80万円)

金属団地へ移転後の工場
工場前の道路
工場内部
創業者 土田 重男

光洋精工様(現ジェイテクト様)と取引開始
スライドドア用軸受を生産開始


1969年

第1工場(1,660㎡)を増設
ディストリビュータ用軸受を生産開始

デンソー様向けディストリビュータ用軸受

1972年

フォークリフト用クロスローラ軸受部品を生産開始


1976年

シャッター用軸受を生産開始


1979年

会社名を有限会社 丸嘉工業所に変更し、資本金を2,400万円に増資


1980年

第2工場(820m²)を取得


1981年

株式会社に改組し、社名を丸嘉工業株式会社に変更


1982年

資本金を3,600万円に増資


1984年

マニュアルトランスミッション用クラッチレリーズケース組立品を生産開始


1985年

第3工場を取得
ABS用部品を生産開始


1988年

ベルトテンショナー用軸受ユニットを生産開始


1989年

土田英治が社長就任


1990年

安川電機様と取引開始し、サーボモーター用エンコーダスピンドルユニットを生産開始


1991年

光洋リンドバーグ製浸炭炉(バッチ炉)を導入


1992年

事務所棟、第2工場を建替え


1996年

TPM優秀賞第2類 キックオフ


1999年

第4工場(495m²)を取得


2001年

丸嘉香港有限公司を設立(香港新界荃湾、資本金30万HKD)
プラネタリシャフトを生産開始

TPM優秀賞第2類 受賞


2002年

丸嘉香港有限公司 深セン工場(中国広東省深セン市)稼働開始


2003年

第5工場(1,412m²)を新築
ISO9001認証取得
阪村機械製パーツフォーマ(BPF-655SSL)を導入


2004年

鍛造・旋削・熱処理・研磨を一貫生産するパワーステアリング用シャフトを生産開始


2005年

TPM優秀継続賞第2類 受賞


2006年

ジェイテクト様の指導によりTPS導入
超深穴冷間鍛造加工技術を確立(SUJ2に内径ø2.5mm、深さ22mmの穴をパーツフォーマで加工することに成功)


2007年

日刊工業新聞に【超深穴冷間鍛造加工技術】の記事掲載

2007年04月17日 日刊工業新聞に掲載

2008年

自動車部品(アフターパーツ)販売事業を開始


2009年

大連丸嘉精機有限公司を設立(中国遼寧省大連市、資本金 210万元、工場1,997㎡)
無励磁作動形電磁ブレーキを生産開始

無励磁作動形電磁ブレーキ

2010年

阪村機械製パーツフォーマ(BPF-630)を導入

阪村機械製パーツフォーマ(BPF-540)を導入


2011年

光洋機械工業様と取引開始し、ステアリング用中間シャフトを生産開始


2012年

不二越様と取引開始し、ソレノイド部品を生産開始


2015年

阪村機械製パーツフォーマ(BPF-660SSL)を導入


2016年

第3工場を建替え

第3工場

中日本炉工業製真空炉を導入


2017年

豊田合成様と取引開始し、インフレータ部品を生産開始
クボタ精機様と取引開始し、農機具向けソレノイド部品を生産開始
ISO14001認証取得


2018年

第6工場用用地(3,300m²)を取得
戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)に採択


2019年

サポイン事業推進のため榎本機工製500t縦型油圧プレスを導入


冷間鍛造加工のご相談お問い合わせはこちら
求人情報はこちら
工場見学はこちら
製品実例
PAGE TOP