冷間鍛造部品

冷間鍛造とは?

金型を用いて常温で金属などに力を加えて変形をさせ、目的の形状に成形する加工技術です。丸嘉工業では、パーツフォーマを用いて冷間鍛造を行っています。
丸嘉工業の冷間鍛造品は、ベアリング、パワーステアリング、トランスミッション、インフレータなど様々な自動車部品や農機具、自転車、草刈り機にも採用されています。近年は水素燃料電池車(FCV)にも採用され、環境対応車の普及にも貢献をしています。

冷間鍛造のメリットとは?

力を加えて変形をさせることで、金属の内部組織が緻密で均質になるため、引張強度、硬度などの機械的性質が改善されます。また、目的の形状に成形されることから、機械加工が省略でき、最小限の材料で加工可能なため、材料の節減につながっています。

パーツフォーマとは?

供給されたコイル材を一定寸法に切断して、複数の対向する【型】の間に運び、型と型で圧力を加えて、素材を形作る横型プレス機械で、約1秒に1個で生産することができる特徴を持っています。

冷間鍛造素形材一覧

ベアリング向け (材質: SUJ2)

パワーステアリング向け (材質:炭素鋼S25C – S45C)

ソレノイドバルブ向け (材質 : ELCH2)

インフレータ向け (材質 : S15C)

農機具向け (材質 : ELCH2)

自転車向け (材質 : SCr420)

丸嘉工業の冷間鍛造の強みは?

丸嘉工業では、にこだわりを持って日々技術開発をしています。
特に超深穴冷間鍛造加工という技術を保有し、L/D(穴径に対する深さの割合)=最大13.9倍の加工を鍛造困難なSUJ2などの硬い材質でも実現し、量産化をしています。

超深穴冷間鍛造加工事例

従来工法(ドリル加工)では12.4秒の加工時間がパーツフォーマで1秒に短縮

加工時間 ▲92%
重量比 ▲40%
コスト ▲20%

深穴冷間鍛造部品一覧

トランスミッション向けプラネタリピン用冷間鍛造部品 (1)

材質 SAE5120
外径 16.76mm
全長 80.9mm
加工率 10.8%
L/D 13.9倍

トランスミッション向けプラネタリピン用冷間鍛造部品 (2)

材質 SUJ2
外径 8.55mm
全長 40.5mm
加工率 17.7%
L/D 8.7倍

トランスミッション向けプラネタリピン用冷間鍛造部品 (3)

材質 SUJ2
外径 31.7mm
全長 49.8mm
加工率 38.6%
L/D 2.2倍

パワーステアリング向けシャフト用冷間鍛造部品

材質 S45C
外径 19.4mm
全長 116.5mm
加工率 23.6%
L/D 12.4倍

ソレノイドバルブ向けケース用冷間鍛造部品

材質 ELCH2
外径 29.0mm
全長 37.5mm
加工率 77.9%
L/D 1.3倍
冷間鍛造加工のご相談お問い合わせはこちら
求人情報はこちら
工場見学はこちら
製品実例
PAGE TOP